プレスリリース・お知らせ

ネパール地震から1年~思い出そう 思い続けていこう ネパール~

2016年04月01日  お知らせ
RSS
このページをはてなブックマークに追加
このページをYahoo!ブックマークに追加
このページをlivedoorクリップに登録

2015年4月25日に発生したネパール地震から間もなく1年を迎えます。AAR Japan[難民を助ける会]は、地震発生の4日後、4月29日に緊急支援チームを現地に派遣し、山間部で食料や生活物資の配付を行いました。また、山間部のダディン郡では、多くの学校が全半壊したことから、AARは今年3月までに29校で仮設校舎42棟と仮設トイレ1棟(4基)を建設しました。

ジャパン・プラットフォームと、AARが加盟している「ネパール地震中部地震被災者支援ワーキンググループ」が4月23日(土)、震災前からネパールが抱えていた問題や、地震がそれらの問題に与えた影響、復興への道のりを伝えるイベントを開催します。
ネパールの復興と発展のために何ができるのか考えてみませんか。ぜひご参加ください。

ネパール地震から1年 ~思い出そう 思い続けていこう ネパール

日時

2016年4月23日(土)午後1時00分―午後4時00分(午前12時30分開場)

会場

上智大学四谷キャンパス 12号館102演習室
(東京都千代田区紀尾井町7-1) 
JR中央線/東京メトロ丸ノ内線/南北線「四ッ谷駅」麹町口・赤坂口から徒歩5分

参加費

無料

定員

200名(先着順)

主催、お申し込み ジャパンプラットフォーム、ネパール中部地震被災者支援ワーキンググループ

<プレスリリース・お知らせトップに戻る

ページの先頭へ
難民を助ける会
特定非営利活動法人
難民を助ける会(AAR Japan)
〒141-0021
東京都品川区上大崎2-12-2
ミズホビル7階
フリーダイヤル0120-786-746
Tel:03-5423-4511
Fax:03-5423-4450
月~土、10時~18時(日祝休み)