駐在員・事務局員日記

ザンビア・芦田駐在員の一日!

2009年05月12日  ザンビア
RSS
このページをはてなブックマークに追加
このページをYahoo!ブックマークに追加
このページをlivedoorクリップに登録
執筆者

ザンビア事務所
芦田 崇

2005年3月よりザンビア駐在。大学卒業後、国家公務員として社会保障政策の実務に携わり、その後大学院で社会開発学を学ぶ。NGOの一員としてジンバブエやタイでエイズ問題に取り組んだ後、難民を助ける会へ。(大阪府出身)

記事掲載時のプロフィールです

難民を助ける会では、ザンビアの首都ルサカでエイズ対策事業を行っています。
難民を助ける会では、現在10名の日本人を海外に派遣しています。海外で暮らす駐在員はどんな生活を送っているのでしょうか?今回は、アフリカのザンビアで、地域住民とともにエイズ対策に取り組む芦田駐在員の一日をご紹介します。

6:30 起床

朝食を取る芦田駐在員

おひとついかが?

ルサカは高地に位置しているので、朝はとても過ごしやすい。

朝食は、週末に作り置きしたパンとヨーグルト、コーヒーをいただきます。食べながらニュースで世界情勢もチェック!

8:00 業務開始

顔つきもだんだん仕事モードに

現地スタッフと今日の予定を確認

毎朝、現地スタッフが事務所に出勤してきます。みんなが揃うまでメールのチェック。全員揃ったら今日の予定を確認。

8:30 スタッフ会議

今日も一日がんばろう!

ミーティングを通じ全員が情報を共有

会議は週に1回行い、事業の進捗状況や問題点などを確認します。この日は3年目を迎えるエイズ啓発プロジェクトの進捗状況について確認。

10:30 「エイズ対策クラブ」の反省会に参加

みんな一生懸命です

高校生たちと真剣に議論

難民を助ける会が支援する、パークランズ高校のエイズ対策クラブの反省会に参加。前日の啓発活動の反省をどうやって次に活かすのか?生徒たちと真剣な議論をしました。

12:00 お昼休み

シマと揚げた魚のお昼ごはん

ザンビアの定番メニューです

今日の昼食はザンビアの主食シマ(とうもろこしの粉をお湯で練ったもの)と揚げた魚を食べました。ザンビアでは、定番のお昼のメニューです。

13:30 HIV抗体検査施設でインタビュー

フレドリックさんにインタビュー

HIVの感染を防ぐためにも定期的な検査は欠かせません

難民を助ける会の支援で建設されたVCTセンター(HIV抗体検査とカウンセリングを行う施設)で検査を受けたフレドリックさんにインタビュー。結果は陰性でしたが、半年後にまた検査を受けることを約束。感染の広がりを防ぐためにも、自発的に検査を受けてもらうことが大切です。

16:30 事務所にて会計など

備品は大事に使いましょう

壊れた車の鍵も修理して確認。こうした作業も大事な業務の一部です

現地スタッフから報告を受けます。今日は、活動報告の他に、「事務所の庭にあるマンホールのふたをトラックが踏んで壊してしまった!」、「庭のスプリンクラーが古いので買って欲しい」などの話もありました。修理した車の荷台の鍵のチェックなども実施。

17時になると現地スタッフは帰ります。それから領収書や活動報告書のチェック、会計入力などの事務作業を行います。

18:30 夕食

これを食べて元気復活

夕食は餃子!

メインディッシュは週末に作っておいた餃子。ちょっと焦げたけど、パリッと焼けました!

20:30 残務処理

東京本部から来たメールへの返信や、翌日の活動の準備などは大体この時間にやっています。

22:00 業務終了!

24:00 就寝

さぁ明日もがんばるぞ

ルサカ事務所。優秀(?)な番犬にご注意!

近所の会社に設置されている警報装置の誤作動や、敷地内に侵入するものは鳥ですら許せず吼えまくる優秀な?番犬のせいでぐっすり眠れる日は少ない…。
でも明日も頑張ろう!

< 駐在員・事務局員日記トップに戻る

ページの先頭へ
難民を助ける会
特定非営利活動法人
難民を助ける会(AAR Japan)
〒141-0021
東京都品川区上大崎2-12-2
ミズホビル7階
フリーダイヤル0120-786-746
Tel:03-5423-4511
Fax:03-5423-4450
月~土、10時~18時(日祝休み)