駐在員・事務局員日記

理事長ブログ第13回「Make a Difference」

2015年05月22日  理事長ブログ
RSS
執筆者

AAR理事長
長 有紀枝(おさ ゆきえ)

2008年7月よりAAR理事長。2009年4月より立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科教授。2010年4月より立教大学社会学部教授。

記事掲載時のプロフィールです

AAR理事長、長有紀枝のブログです。

"make a difference"という言葉があります。国連機関の標語になったこともあり、国際協力の業界でよく使われる言葉です。私はこのささやかな言葉にいつも大きな希望を見出します。第5回のブログ「1個のリンゴ」で書いたとおり、私たちにできることは本当にささやかなことです。私たちがどのような犠牲を払って支援をしようと、私たちの活動そのものが、紛争そのものを終わらせたりすることはありません。

援助の限界を考える時、ひととおり無力感にさいなまれたり、深い後悔に襲われたりすることもしばしばですが、そんな時、最後に、決まって思い起こすのが、あるいは思い出そうとするのが、この言葉"make a difference"です。

"make a difference"は、"change the world(世界を変える)"というような大それた標語ではありません。世界を変えることに比べたら、「ちょっとした違いを作り出す」ことは、あまりにささやかな、小さな小さな目標です。しかし同時に、地に足のついた現実的な目標でもあると思います。「世界を変える」というとあまりに大きすぎて、言葉だけで終わりそうですが、"make a difference"は個別具体的です。特定の領域において、ある課題を認識し、改善や軽減のための目標と、それを実現するための計画をたて、その実現のために準備をし、実行に移す、そして行動を評価する、そんなプロセスがmake a difference であるように思います。そしてどんな大きな変革も最初は小さな1歩からはじまります。

「紛争を終わらせる」「世界を変える」ことはできなくても、小さな違いは作り出せると信じます。

そして世界を少しでも良い方向に変えていくのは、特別な選ばれた人、政治家を始めとする一握りの人の「change the world」という宣言や公約ではなく、私たち普通の人、一人ひとりによる日常の中のなにげない「make a difference」の積み重ねであるように思います。

こんなことを書いている時に、ある方からいただいたメールで、2年ほど前に亡くなった支援者の方を思い出しました。50歳のお誕生日を前に亡くなられた独身男性。20代でAARのボランティアとしてザンビアやカンボジアへ。その後は、ご自身の言葉を借りれば「長男としての責任を果たすため」お年を召されたお母様と暮らすために地元に戻られました。以来20年、後方から私たちの活動を支えてくださいました。この方をはじめ、亡くなられた支援者の方も大勢います。そんな方たちのお顔や表情を思い出すうちに思い至りました。その方たちがそれぞれの暮らしの中で、AARを長くご支援をくださったのは、私たちの、そんなささやかな活動に「希望」を見出してくださっていたからではないかと。

< 駐在員・事務局員日記トップに戻る

ページの先頭へ
難民を助ける会
特定非営利活動法人
難民を助ける会(AAR Japan)
〒141-0021
東京都品川区上大崎2-12-2
ミズホビル7階
フリーダイヤル0120-786-746
Tel:03-5423-4511
Fax:03-5423-4450
月~土、10時~18時(日祝休み)