活動ニュース

ミャンマーサイクロン活動報告会 被災地の今を伝える

2009年05月11日  ミャンマー緊急支援
RSS
このページをはてなブックマークに追加
このページをYahoo!ブックマークに追加
このページをlivedoorクリップに登録

難民を助ける会は、1999年、ミャンマー(ビルマ)の最大都市ヤンゴン(ラングーン)に事務所を開設し、翌年から障害者のための職業訓練校を運営しています。2008年5月2日にミャンマーを襲った大型サイクロンの被害に対しては、被災直後からスタッフを派遣し、現在も復興支援活動を続けています。

サイクロンの発生から約1年が立った4月30日、東京ウィメンズプラザにおいて、被災地の現状を伝える報告会を開催しました。難民を助ける会ミャンマー事務所のスタッフ2人が来日し、現地で緊急支援を担当した野際紗綾子とともに、サイクロン復興支援活動のこれまでと、メディアでは語られることのない、現地の最新状況について語りました。

報告会のもようは、インターネット新聞JanJanでご覧いただけます。

< 活動ニューストップに戻る

ページの先頭へ
難民を助ける会
特定非営利活動法人
難民を助ける会(AAR Japan)
〒141-0021
東京都品川区上大崎2-12-2
ミズホビル7階
フリーダイヤル0120-786-746
Tel:03-5423-4511
Fax:03-5423-4450
月~土、10時~18時(日祝休み)