活動ニュース

東北関東大震災(22):3月27日 陸前高田市で支援物資を配付しました

RSS
このページをはてなブックマークに追加
このページをYahoo!ブックマークに追加
このページをlivedoorクリップに登録

3月27日は、岩手県陸前高田市の2ヵ所の障害者施設で支援物資を配付しました。

小規模避難所に身を寄せる障害のある方たち

rpt1103_608_1hikaminosono.jpg

ひかみの園の施設長に支援物資のバナナを渡す事務局長の堀江良彰。バナナは手軽に食べられて栄養価も高いため、大変喜ばれました

陸前高田市は、4カ所あった障害者施設のうち2カ所が津波で大きな被害を受けました。27日は、被害を受けずに避難所となっている「ひかみの園」と「あすなろホーム」で支援物資を配付しました。

障害者施設「ひかみの園」には、約50人の障害のある方たちと職員の皆さまが避難しています。この施設は高台にあったため、津波の被害を免れることができました。
近くにある比較的規模の大きい避難所では、少しずつ支援物資が安定して届くようになっていますが、この施設は小規模なため、まだまだ物資が足りない状況です。障害のある方たちにとって、大勢の人が集まる避難所で共同生活を送ることは難しいため、通い慣れたこの施設で、物資の不足に耐えながらも生活していました。

ここでは、バナナ、グレープフルーツなどの食品、布団、トイレットペーパーと、ガソリン20リットルを配付しました。ガソリンは、足りない物資を車で買いに行くために不可欠ですが、配付に訪れた時には、車のガソリンは全て底をついていました。「これで、営業している遠方の店まで必要なものを買いにいくことができる」と大変喜んでくださいました。

3月27日の配付先

rpt1103_608_2rikuzentakada.jpg

陸前高田市の街中の様子。ひかみの園は高台にあったため、幸いスタッフや利用者の皆さまは無事でした

※( )内は避難している方々の人数
岩手県陸前高田市
・ひかみの園(障害者施設、50人)
・あすなろホーム(障害者施設、15人)

 

【報告者】 記事掲載時のプロフィールです

東京事務局 野際 紗綾子

2005年4月より東京事務局で主にミャンマー(ビルマ)等アジア事業を担当。2008年ミャンマーサイクロン、2009年スマトラ沖大地震、2010年パキスタン洪水等多数の緊急支援活動に従事。(東京都出身)

< 活動ニューストップに戻る

ページの先頭へ
難民を助ける会
特定非営利活動法人
難民を助ける会(AAR Japan)
〒141-0021
東京都品川区上大崎2-12-2
ミズホビル7階
フリーダイヤル0120-786-746
Tel:03-5423-4511
Fax:03-5423-4450
月~土、10時~18時(日祝休み)