活動ニュース

パキスタン事業でオンライン報告会―新型コロナウイルス緊急支援

RSS
屋外で、長椅子に身体が小さな男の子と母親、AAR現地スタッフが並んで座っている写真が、ズームの画面に表示されている

緊急支援物資を届けた聴覚障がいがある10歳男児(中央)の家庭

新型コロナウイルスの感染拡大が世界規模で続く中、AAR Japan[難民を助ける会]は6月5日、パキスタンで実施した緊急支援のオンライン報告会を開催しました。オンラインによる報告会はAARとして初めての試みでしたが、当日は約70名の方々にご参加いただき、海外のコロナ対策の取り組みへの関心の高さがうかがえました。

障がい児家庭に緊急物資配付

パキスタンでは6月10日現在、11万人以上の感染者が確認され、その数は今も増え続けています。AAR は4月上旬から5月にかけて、首都イスラマバード西方のハイバル・パフトゥンハー州ハリプール郡内にある小学校2校の校区で、18歳以下の障がい児がいる家庭110世帯に食料品や衛生用品など緊急支援物資を配付しました。

当日はイスラマバード事務所と参加者をオンラインでつなぎ、駐在員の大泉泰が同国の感染概況や都市の様子、支援活動の概要について写真を示しながら報告しました。また、コロナ感染が貧困層に追い打ちを掛けている実情、現地の家庭の衛生状態、コロナについて正しい情報を伝えることの重要性などについて説明するとともに、感染終息の兆しが未だ見えない中、個別のニーズにあわせた柔軟で継続的な支援が求められていることをお伝えしました。

AARスタッフが、手洗い方法のイラストなどが描かれた紙を持ち、隣に座る知的障がいのある女性に教えている

知的障がいのある女性(左)に手洗いの方法を伝えるAARスタッフ(中央)

質疑応答では、参加者から「パキスタンの疾病報告の仕組みはどうなっているのか」「モスクでの集団発生は起きているのか」「パキスタンには手洗いやうがいの習慣はあるのか」「障がい者の認定方法について教えてほしい」「新型コロナの世界的流行に対する国際協力で、日本に期待されていると現地で感じることはあるか」など質問が多数寄せられ、実際に各家庭を訪問したイスラマバード事務所スタッフのムザンミル・イスラム、シブハ・ムクタルがそれぞれの質問にお答えしました。

駐在員の大泉のとなりに、現地スタッフ2名が座り、メモを取りながら話をしている

オンラインで報告するAAR駐在員の大泉泰(右)と現地スタッフ

報告会終了後は「現地の写真を見ながら実情を知ることができて、とても勉強になった」「支援先の人たちの顔まで見えて感動した」「支援が身近に感じられた」「日本ではなかなか分からない厳しい現実について知ることができて良かった」などの感想をいただきました。また、報告会の運営方法として「手話通訳や字幕があったのは、さまざまな視聴者を想定した配慮として好感が持てた」とのコメントもありました。

地域に根差した支援活動を続ける

新型コロナウイルスによる影響が国内外を問わず広範囲に及ぶ中、その日その日の生活にも苦労している人々、支援を必要としながらも声を挙げられない方たちが少なくありません。AARはそれぞれの地域に根差し、より厳しい状況に置かれた方々に目を向け、必要とされている支援を迅速かつ確実に届けるために引き続き活動してまいります。皆さまの温かいご支援をお願い申し上げます。

緊急募金にご協力ください

クレジットカードで

以下のボタンからお手続きください。決済業務は、決済代行会社SMBCファイナンスサービスを通じて行っています。(お申し込み情報は、ベリサイン社の暗号化技術SSLを利用して送信されます。)

    クレジットカードでの寄付お申し込み

    銀行振込で

    以下の口座番号と加入者宛にお振り込みください。

    三井住友銀行 目黒支店 普通 1215794 特定非営利活動法人 難民を助ける会
    ナンミンオタスケルカイ
    三菱東京UFJ銀行 目黒支店 普通 4520323 特定非営利活動法人 難民を助ける会
    (トクヒ)ナンミンヲタスケルカイ
    みずほ銀行 目黒支店 普通 1110211 特定非営利活動法人 難民を助ける会
    (トクヒ)ナンミンオタスケルカイ

    【ご注意】銀行からのお振り込みは、こちらでお振り込み人さまを特定できません。
    お手数ですが必ず事務局(TEL:03-5423-4511)までご連絡ください。

    振込人名の後に「コロナウイルス緊急支援」とご記入ください。

    ※振込手数料はご本人さまのご負担になります。

    コンビニで

    下記のボタンからお手続きください。払込用紙(ハガキサイズ)をお送りいたしますので、コンビニにお持ちになってお支払いください。
    コンビニで寄付
    ※「その他の活動への募金」を選択し、手続きページの通信欄に「コロナウイルス緊急支援」とご記入ください。

    ※株式会社Eストアーのネットショップ「ショップサーブ」を利用しています。

    ※手数料330円はご本人さまのご負担になります。

    郵便振込で

    以下の口座番号と加入者宛にお振り込みください。

    ※備考欄に「コロナウイルス緊急支援」とご記入ください。

    口座番号 00100-9-600
    加入者名 特定非営利活動法人 難民を助ける会

    【ご寄付くださる皆さまへ】皆様のご寄付は、ご指定の活動に活用させていただきますが、状況やニーズの変化などによっては、当初の計画よりも早い段階で活動を終了することもございます。それにより活動に必要な額をご寄付が上回った場合には、次なる緊急支援などに活用させていただきます。あらかじめご了承ください。

    最新情報はfacebook、Twitter、メールマガジンでもお知らせしています

    < 活動ニューストップに戻る

    ページの先頭へ
    難民を助ける会
    特定非営利活動法人
    難民を助ける会(AAR Japan)
    〒141-0021
    東京都品川区上大崎2-12-2
    ミズホビル7階
    フリーダイヤル0120-786-746
    Tel:03-5423-4511
    Fax:03-5423-4450
    月~土、10時~18時(日祝休み)