プレスリリース・お知らせ

11月29日(金)AAR後援イベント「ロヒンギャ避難民支援から見る社会的結束(Social Cohesion)の重要性と今後の展望」

2019年11月21日  お知らせ
RSS
このページをはてなブックマークに追加
このページをYahoo!ブックマークに追加
このページをlivedoorクリップに登録

2017年8月にミャンマーのラカイン州北部で発生した、イスラム系少数派からなる武装勢力とミャンマー治安部隊の衝突の後、膨大な数の避難民が隣国のバングラデシュに逃れました。その数はこれまでに約90万人にのぼり、避難民は過酷な状況に置かれています。(2019年10月31日、国連難民高等弁務官事務所)

本講演会では、2013年より現場で直接避難民支援にあたっている国連の国際移住機関(IOM)のバングラデシュ事務所代表、ジョージ・ギガウリ氏が来日する機会を生かし、現状と今後の展望について議論します。

詳しくはこちらをご覧ください。

*AAR Japan[難民を助ける会]の中坪央暁が著書の『ロヒンギャ難民100万人の衝撃』を講演会場で数量限定で販売いたします。(売上の一部が支援活動に寄付されます。)

イベント「ロヒンギャ避難民支援から見る社会的結束(Social Cohesion)の重要性と今後の展望」

日時

2019年11月29日(金)午後6時30分―午後8時00分(開場午後6時00分)

会場

聖心女子大学グローバルプラザ(4号館)2階4-2教室
(東京都渋谷区広尾4丁目2−24)

講演

ジョージ・ギガウリ氏(Giorgi GIGAURI)

参加費

無料

お申込み

こちらのフォームよりお申し込み下さい。

主催 聖心女子大学 グローバル共生研究所
後援

IOM駐日事務所、UNHCR駐日事務所、シャプラニール=市民による海外協力の会、AAR Japan[難民を助ける会]、 ジャパン・プラットフォーム(JPF)、ワールド・ビジョン・ジャパン

<プレスリリース・お知らせトップに戻る

ページの先頭へ
難民を助ける会
特定非営利活動法人
難民を助ける会(AAR Japan)
〒141-0021
東京都品川区上大崎2-12-2
ミズホビル7階
フリーダイヤル0120-786-746
Tel:03-5423-4511
Fax:03-5423-4450
月~土、10時~18時(日祝休み)