プレスリリース・お知らせ

東日本大震災から9年に寄せて

2020年03月11日  お知らせ
RSS
 

press2003_2912_tohoku_title7.jpg

press2003_2912_tohoku_sign6.jpg

いつもご支援を賜り 、心より御礼申し上げます。 AAR Japan[難民を助ける会]支援事業部マネージャーの野際紗綾子です。東日本大震災から9年となりましたが、震災2日後から2年間にわたり東北事務所長として活動した時のことは今でも鮮明に覚えています。
特に忘れられないことは2つあります。1つは「がれきの山」と言われて、道路を埋め尽くしたものの中には、被災された方々にとってかけがえのない大切な思い出が含まれていたこと。もう1つは、障がい者の死亡率が全体の死亡率の2倍になるなど、平時より弱い立場にいる方々が災害時により大きな被害を受けたことです。
AARの活動では今もなお多くの課題に直面していますが、未来への希望も感じています。東日本大震災は、被災者や障がい者がただ「支援を受ける人」であるだけではなく、復興に向けて自ら主体的に地域に根差した活動を推進する「支援の担い手」でもあることを証明しました。
AARでは、これからも東北での活動を続けるとともに、豪雨や台風、地震などの国内災害に備える防災・減災の取り組みも強化してまいります。

press2003_2912_tohoku_title8.jpg

<プレスリリース・お知らせトップに戻る

ページの先頭へ
難民を助ける会
特定非営利活動法人
難民を助ける会(AAR Japan)
〒141-0021
東京都品川区上大崎2-12-2
ミズホビル7階
フリーダイヤル0120-786-746
Tel:03-5423-4511
Fax:03-5423-4450
月~土、10時~18時(日祝休み)