活動ニュース

2010年に寄贈した自転車と救急カートが大活躍しています

2011年05月29日  ザンビア感染症対策
RSS
このページをはてなブックマークに追加
このページをYahoo!ブックマークに追加
このページをlivedoorクリップに登録
2010年8月の寄贈式の様子

自転車の後ろに寝台を取り付けた救急カート。急病人を寝たまま運ぶことができます。中央は駐在員の芦田崇

2010年8月に首都ルサカ近郊のチパパ地域の家庭訪問看護グループに難民を助ける会が寄贈した、16台の自転車と8台の救急カートが大活躍しています。このグループでは、25人のボランティアが、地域の125人のHIV陽性者の自宅を訪問し、体調管理や心のケアを行っています。自転車は、広いチパパ地域に点在する陽性者の訪問に大活躍しています。また、救急カートは、急病人の緊急搬送に使われています。車はもちろん自転車すら持つ人がほとんどいない地域なので、住民は、「いざというときにはいつでも病院に行ける」と、とても安心しているようです。

【報告者】 記事掲載時のプロフィールです

ザンビア・ルサカ事務所駐在 山井 美香

2009年11月よりザンビア・ルサカ事務所駐在。大学を卒業後、航空会社に勤務。その後米国の大学院で公衆衛生学を勉強し、難民を助ける会へ。(兵庫県出身)

< 活動ニューストップに戻る

ページの先頭へ
難民を助ける会
特定非営利活動法人
難民を助ける会(AAR Japan)
〒141-0021
東京都品川区上大崎2-12-2
ミズホビル7階
フリーダイヤル0120-786-746
Tel:03-5423-4511
Fax:03-5423-4450
月~土、10時~18時(日祝休み)