ケニア

2011年に東アフリカ地域で発生した大規模な干ばつを受け、AAR Japan[難民を助ける会]はケニア北東部において緊急支援を実施、その後も繰り返す干ばつ被害に耐えうる対応力(レジリエンス)の強化のための水衛生事業などを実施しました。 また、2013年に隣国南スーダン情勢悪化による難民の流入を受け、2014年よりケニア北西部にあるカクマ難民キャンプにて緊急支援を開始しました。現在は同キャンプおよび隣接するカロベイエ難民居住地において、教育分野を中心とした難民支援を行っています。

ケニアでの活動内容

カクマ難民キャンプにおける南スーダン難民支援

難民キャンプで育った子どもたちが自分の人生を切り拓き、いずれは母国の将来のために働くことができるよう、支援を続けていきます

2015年2月に開校したビジョン中等学校の生徒たち

2015年2月に開校したビジョン中等学校。校舎の建設だけではなく、紛争のトラウマなどを抱える子どもたちが日常で直面する課題を乗り越えるためのライフスキル教育にも取り組んでいます。左端はAARの兼山優希。

カカクマ難民キャンプには、隣国の南スーダンで2013年末に武力衝突が起きて以降、多くの難民が押し寄せました。その結果、カクマ難民キャンプに暮らす収容可能人数の7万人を大幅に超える約19万人まで増加しました。この人口増加に伴い、2016年にはカクマ難民キャンプから西に30kmの土地にカロベイエ難民居住区が新設されました。
AARは2014年からカクマ難民キャンプにおいて緊急支援を開始し、給水パイプラインの敷設や小児病棟の建設を実施しました。2015年7月からは中等教育の支援を進めています。中等教育校1校を新設したほか、既存校の教室や理科室の増築、教科書や理科教材の供与、ライフスキル教育、カウンセリング活動、学校設備の維持管理体制構築などを行っています。
また、カロベイエ難民居住区おいては、2016年から難民と受け入れ地域住民の社会・経済的自立と平和的共存のためのコミュニティセンターを設置し運営しています。

活動の詳細

2017年

7月~ トゥルカナ郡カロベイエにおけるコミュニティセンターの建設と運営管理事業を開始

2016年

12月 カクマ難民キャンプにおける青少年育成・保護事業を開始

2015年

7月 カクマ難民キャンプで中等教育の支援を開始

2014年

2月 北西部のカクマ難民キャンプにて南スーダン難民支援を開始

ガリッサ県公立小学校における水衛生環境改善事業

  • 外務省日本NGO連携無償資金協力 ガリッサ県公立小学校における水衛生環境改善事業

    事業完了報告書 会計報告書(2014年1月-2014年9月)

2013年

2月 東部州ガリッサ県にて井戸の設置などの活動を開始

5月 東部州ガリッサ県にて、ケニア赤十字ガリッサ支部と協力し水害緊急支援を実施

2012年

東部州キツイ県で給水施設の整備とトイレの建設を実施

2011年

8月 緊急支援チームが現地に入り、食料など支援物資の配付を開始

2005年

スーダン南部(当時)での活動のためにナイロビに事務所を開設

1981年

リフトバレー州トゥルカナ県にて医療支援、井戸掘削などを実施

ページの先頭へ
難民を助ける会
特定非営利活動法人
難民を助ける会(AAR Japan)
〒141-0021
東京都品川区上大崎2-12-2
ミズホビル7階
フリーダイヤル0120-786-746
Tel:03-5423-4511
Fax:03-5423-4450
月~土、10時~18時(日祝休み)